2014年 真庭総会報告

Pocket

お礼とご報告

晩春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
先般開催されました、2014年度日本青年会議所ライダーズクラブ真庭総会が、滞りなく終了いたしましたことをご報告申し上げます。

全国より延べ46名ほどのご参加をいただく大会となりましたが、これはひとえにこの度の受け入れ地として了承していただきました、真庭JCRCの佐田時信先輩を初めとする真庭JCRCならびにJCメンバーの協力の賜物でもございました。
当日午前中より、佐田先輩の会社であります(株)佐田建美を開放していただき、先輩所有の10台余りの名車コレクションで楽しませていただいたり、木でできた世界初の公道を走る車で盛り上がったり、素晴らしい組子細工に目を奪われたり、先輩の生い立ちから今日に至るまでの数々の感動的なお話を伺ったりと、あっという間の半日でございました。
名品、もみの木のお櫃を購入された方も何人もいらっしゃいましたが、奥様の喜ぶ顔が見えるようでございます。

その後ホテルに移動して、総会の開催となりますが、ここでも参加者の皆様のご協力をいただきながらすべての議案のご承認をいただくことができました。
いくつか重要なことのある今回の総会でございましたが、この時期に次年度会長、佐藤吉充君のご承認をいただけましたことは、本人にとっても事務局側にとりましてもうれしい限りでございました。 何分わたくしの場合、去年の11月30日の役員会にて会長承認をいただいてからの活動でしたので、組織づくりや引継ぎ、事業の準備に交渉となかなかのものでございました。 やはりこの5月の時期に決めてあげるのが親切ですよねー。

毎年の全国大会の開催地に近いロムから、次年度会長を選出し、地の利を生かしてそのまた近隣ロムの協力を仰ぎながら連合艦隊チームとして運営していく方法もご提案させていただきましたが、今年の松山・今治・西条・新居浜JCRC混合チームでの運営事例を参考にしていただければ幸いですし、2月の草津JCRC協力による役員会、5月の真庭JCRC協力による真庭総会を見ていただきましたように、各地へのお願いと協力を素直にいただきながらの協働作業が、何よりの見本になろうかとも思っております。
お互いそのプロセスにおいて親しく、仲よくなれますしね。 組織の活性化にも一役買うところが大きいと思います。

松山の事例等はマニュアル化し、どなたが会長になられても、毎年のやるべきことと、その実行時期について理解できるように、取りまとめさせていただくべく、事務局一丸となって頑張ります。

単独ロムだけで何とかなる時代でもないようですので、今後とも皆様のご協力をいただきながら、この集会が続いていければ幸いであります。

次年度会長、佐藤吉充君のご挨拶もいただいた後は、事務局長の方から、日本JCRCの口座(当時の個人名)から引き出しが難しくなった件(本人確認チェック)、JCRCのホームページのリニューアルについていくつかの提案をさせていただきました。 今季中に改善できるものはしていく所存です。
時代の変化の速さに一生懸命ついていきたいと思います。

総会の後は、わざわざ来てくださいました真庭市長の太田 昇様より、全国ダントツNo1の真庭市バイオマス発電についてのご講演をいただきましたが、中山間地の山しかない環境下で生まれる廃材と思われていたものから発電し、売電までし、ついには市が発電所まで作ってしまう快挙のお話を伺うことができました。

これにより市の電力自給率はもうすぐ40%になるそうです。 この数字がいかにすごいかは一般地域では自給率0%、先進地域でも1%という数字を見れば明らかです。
市民全体が一つの目標に向かい協力し合う姿勢も、大いに見習うべきものがございます。
農家のハウスの暖房も廃材からの応用で賄い、石油という変動相場に左右されない、しかも外国に費用を支払うことなく地域で回るお金の仕組みを生み出すことにより、産業が興り、雇用が生まれ、移住が始まるというサクセスストーリーが始まろうとしています。
このタイミングで学べたことは大いに勉強になりました。

NPO活動家の皆様にとりましても、各地での応用を含めた、示唆に富んだものになったのではないでしょうか。

懇親会は大賑わいでしたが、2次会の記憶はほとんどありませんので割愛。

その後の温泉で、私はどうやら露天風呂の淵で死んだように寝ていたそうで、臨時の田中介護部隊が編成され、私に服を着せたり、部屋に誘導したらしいのですが、 わたしは知らない 。。

翌日の蒜山高原ツーリングは快晴です。
ジャージーソフトクリームのうまいこと。
昼食も大人気店でのジンギスカンの食べ放題。
こんな素晴らしい2日間が体験できましたこと、佐田先輩初め、真庭JCRCの皆様方のおかげでございました。
改めまして心より御礼申し上げます。
次回の松山全国大会では地元チーム一丸となりまして、皆々様を、また皆様のご家族様を含めまして、心からご接待させていただく所存でございます。
日本最古の温泉と文化の街を舞台に楽しんでいただけますよう、すでに準備も、松山JCRCの秋山実行委員長のもと、粛々と進んでおります。
こうご期待の上、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
この度の総会ご参加、まことにありがとうございました。
また、ご都合にてご参加できなかった皆々様におかれましても、簡単ではございますが、総会でのご報告と、次回松山全国大会へのご案内とさせていただきます。

2014年10月11日~12日(松山大会)のご予定確保のほど、よろしくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

2014年度日本ライダーズクラブ会長

田中 啓文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*